Mi Casa Su Casa

2022年〜

突然ですが。

こんにちは。フランチスカです。

突然ですが、ベルリンの家を追い出されてしまいました。

どういうことなのか、理解し難いかもしれませんが、実は私も今のところ頭が追いついて行っていないのでうまく説明できませんが、とりあえず今は以前学生の頃にお世話になっていたホストシスターの家で居候をさせてもらっています。

 

毎朝起きて、自分は今何をしているんだろうと深い落ち込みに入っては、ホストシスターやその彼氏に慰められ、終わってしまったこと、過ぎてしまったことは引きずらないで。常に上手くいくことだけを考えよう。と、ラテンの国から来たホストシスターの彼氏に言われました。

こういう時、ほんとラテンの楽観主義に頭が上がらないです。

面倒なことは明日、その場を楽しむ。常にいいことを考える。optimistisch.

どちらかというとマイナス思考が増えてきた最近の私には欠けていた要素かもしれません。

 

ベルリンでは数日前から雪が降り始め、外の気温が氷点下になり始めた頃でしたので、その中での大移動はかなり体力的にも精神的にも堪えました。

何度も泣きましたが、正直今までにない疲労感に苛まれて泣くに泣けないのが現状で、一瞬戦争の中で避難する人たちの気持ちが心をよぎりました。

 

自分がこのブログで、ここドイツで、残したいことって一体なんなんだろう。

一体自分は何しているのか、何の為に来たのか、自分の存在意義、幸せって何なのか。

考える必要があると思う。

 

このブログで前の住人の悪口を残したいのか?前回の記事は一体意味があったのかどうか、悪いこと、悪い考え、愚痴、それらは全て意味があるのか。

きっとその気持ちが相手に現れていたのでないか。などなど。

 

ホストシスターの住むブレーメンは私が高校の頃過ごしていた景色とは違って見えて、私が変わったのか、街が変わったのか。それはわからない。

とてつもなく落ち着くのはホストシスターのおかげなのか、街のおかげなのか。

10年経った今、私の周りは大人になっていて、変化して時が回り続け、回っていないのは私だけのように思えて、それは日本でも同じ気持ちだった。

 

もっと強くなりたい。幸せになりたい。今の自分に何が足りないのか、もう一度考えたい。

ドイツ語もお金も時間も、全て大事だけど、一番大事なものを忘れてないか。

見直したい。

 

ブログのタイトルを変えました。

ウルグアイ出身のホストシスターの彼氏に言われて感動した言葉です。

映画の中でよく使われているのは知っていたけれど、実際に自分に言われて、本当に言うんだ!と感動したのと、言われると思った以上に心に染みて、いい言葉だなぁと思ったのでブログのタイトルを変えました。

 

ブレーメンではクリスマスマーケットが3日前から開き始め、街が彩り始めたようです。

次更新する頃には、私の生活も動き始めていますように。